法人税対策

損益計算書においては、大まかには売り上げから仕入れ等を差し引いた営業利益が純利益となり法人税が課されます。概ね実効税率は33%と見なされ、法人の資産形成の大きな障壁の一つとなります。そこで納税時にキャシュが残っているかどうか、また納税後の運転資金がショートしないかどうかの見極めが重要です。

資金繰り表、キュシュフロー計算書において見落としされがちなのが納税資金です。短期的には決算時、6ケ月後の中間納税のTAXマネジメントを踏まえながら、3~5年の中期計画、そして5年以上長期の財務対策による資金形成を提案します。

法人税