お金を残す(キャッシュフロー)中小企業の財務戦略

TRAマネージメント重要性

単に節税だけを目的とするのではなく、節税した資産をどうやって増やしていくか、将来の事業資金として有効活用していくためには、また次の後継者や世代に効率よく渡せるかを考えてこそ、企業の存続価値(GoingConcern)が高まっていくものと思います。

そのため弊社ではTax(税金)、Risk(保険・保障)、Asset(資産形成)をトータルでマネージメントできるよう最新情報提供と最大のフォローをさせていただきます。

決算前後に最低限なすべき55チェック項目

TAX(税)

  • 1.アマゾンが日本で法人税を納めていない訳
  • 2.日当は全額非課税の出張旅費。
  • 3.交際費、会議費の有効活用。
  • 4.全額損金で100%返戻の経営セーフティ共済。
  • 5.年間84万円非課税の小規模企業共済。
  • 6.やらぬは損、非課税の個人型確定拠出年金。
  • 7.使っていない減価償却資産、売れ残り在庫はありませんか。
  • 8.含み損を抱える資産の整理・売却を検討しましょう。
  • 9.売り上げの計上基準を変更できないか検討しましょう。
  • 10.決算日、決算期の変更による調整。
  • 11.労働保険料、従業員給与・賞与の未払い費用の計上。
  • 12.30万円未満の小額減価償却資産の特例活用。
  • 13.役員退職金の支払い。~2回貰う退職金~
  • 14.即時償却または税額控除5%の活用。
  • 15.太陽光発電による節税策。
  • 16.オペレーティングリースの活用。
  • 17.航空機購入の活用。
  • 18.払う税金のカテゴリー移転による節税。
  • 19.非課税と控除は必ず使う。
  • 20.所有者を飛ばす。
  • 21.所得を分散する。課税対象者、課税年度の分散。
  • 22.保険満期金や解約時の多額利益計上やオペの償還益の解決法。

Risk(保障)

  • 23.見直しによる適正な役員保険でキャッシュを捻出しましょう。
  • 24.損害保険の見直しによる経費削減。
  • 25.そもそも保険は必要か。リスクに見合った保険料支払い。
  • 26.従業員の保障。公的保障と補完する自己保障。
  • 27.労災対象とならない、忘れがちな役員の保障。
  • 28.役員は個人契約か法人契約か?
  • 29.2015年12月から始まった従業員ストレス・チェック。
  • 30.経営者の医療保険は全額損金で、退職後は支払無で一生涯保障。
  • 31.全額損金で、要介護2から支給される介護保険。
  • 32.役員ならでこそ活用できるがん保険のメリット。
  • 33.債務保障対策の特徴と年間コスト。
  • 34.全額損金、1/2損金商品で返戻の高い商品は?
  • 35.途中で据え置き(払済)しても利益計上の必要の無い商品とは。
  • 36.相続税対策に活かす生命保険徹底活用基本5ヶ条。
  • 37.保険(一時払)を活用した贈与プラン。

Asset(資産)

  • 38.簿外資産となる役員保険での資産形成で最も有利な商品の選択は?
  • 39.利益が出るから役員報酬を増額するって得ですか?
  • 40.法人税(33%)・所得税住民税(55%)を考慮した適正な役員報酬は?
  • 41.個人で残したお金と会社で残したお金の違い。
  • 42.単なる利益の先送りではない、キャッシュの残る対策の検討。
  • 43.社会保険料の節減にもなる役員の自己年金の積み立て方法。
  • 44.従業員退職金積み立てで有利な商品は。
  • 45.役員退職金積み立てで有利な商品選択。
  • 46.外貨商品の活用法。
  • 47.将来のインフレに対処できる商品。
  • 48.強固な会社ほど、事業継承が難しくなる。
  • 49.自社株の究極の相続税対策。
  • 50.「社長への貸付金」は金融機関が最も嫌い勘定項目。
  • 51.年金を丸々もらうために。
  • 52.相続対策ー不動産の評価を下げる方法と生命保険。

Confirm(他)

  • 53.マイナンバー制度の対処方法。
  • 54.TAX(税)Risk(保障)Asset(資産)を組み合わせてのマネージメント。
  • 55.定期的に専門家に相談しましょう。